お互いの良さを引き立て合っているように・・・オリジナルブレンドKANADE

お互いの良さを引き立て合っているように・・・オリジナルブレンドKANADE

ブレンドというのは、混ぜる、混合することによって1+1が2ではなく、3とか5とかになる。そんないわゆる相乗効果を狙ったことだと考えていました。それはとても大切で有効なやり方だろうけど、悪く言うとどこかつくりものめいたイメージも感じる。

ブラジルとコロンビアとガテマラを3割ずつ、それにモカを1割といったブレンドコーヒーもよいけれど、それよりブラジル下坂農場のカルモシモサカの方がおいしく感じてしまう。

つまり、素材が素晴らしければ、ブレンドなんかしなくたってうまいはずだろう、と。そのわかりやすい例が、スペシャルティ珈琲という産地を代表する優良農園の珈琲です。

コロンビア・サンアグスティン、パナマハートマン農園、ブラジル吉松農場、そしてモカ・イルガチャフェなど、これらを一つずつ、かわりばんこに飲んできました。

ところが、ある日、ブラウンチップの関根さんに、こういったスペシャルの豆でブレンドを作ったらびっくりするくらい美味しい珈琲になりますよ、といわれ、さっそく試してみたら、思ってもみないことが起こったのです。

なるほど単一の豆ではないのだから、いろんな味と香りがします。あ、このデリケートな酸味とそれを包む柔らかな甘味はコロンビア、全体に感じるふくよかなたっぷりした甘味はパナマ、アクセントのようにシャープな酸味はモカ、それらを落ち着かせるほどよい苦味がブラジル。

それは僕のなかで勝手に膨らんだ想像だったのかも知れませんけど、ひとつひとつの珈琲を長い間飲み続けてきたので、味と香りはある程度わかります。そして驚いたというか感動したのは、それらそれぞれのよさが邪魔をし合わず、お互いを引き立て合っているように感じられたことです。

笑われるかもしれませんが、まるでバイオリンやチェロやビオラなどが音色を奏であう室内楽のように。これがKANADE(奏)というブレンドコーヒーが生まれた経緯です。