とりわけ女性ファンの多いウーロン茶・・黄金桂

とりわけ女性ファンの多いウーロン茶・・黄金桂

黄金桂の名前の由来は、淡く黄金のような茶液の水色と、かすかに 桂花(キンモクセイ)の香りがすることから。黄金色の桂花の香りを 持つお茶ということで黄金桂と呼ばれます。   

有名な鉄観音とおなじ中国福建省で作られますが、鉄観音がどちら かといえばスッキリしたシャープな印象なのに対して、黄金桂は乳香 といってミルクのようなふくよかで甘いかおりと味が特徴で、お茶教 室でいちばん女の人に好まれるウーロン茶でもあります。