まあるい味わい・・鹿児島茶「まどか」

まあるい味わい・・鹿児島茶「まどか」

日本で栽培されている緑茶の7割以上はやぶきたという品種です。どうしてそんなにやぶきたばかりなのかというと、病気に強く根付きやすい、収量が多い、といった生産家にとって都合がよいこともあるけれど、甘味と渋味のバランスがよくて、さわやかな後味が飽きの来ないおいしさとなっているからでしょう。

このやぶきたの次に、南九州を中心につくられているのがゆたかみどりという品種です。ゆたかみどりの育て方の特徴は、抹茶の原料となるてん茶や玉露と同じように、新芽が出てしばらくしてから10日ほど覆いをして太陽の光を遮ること。

そうすることで、渋味のほとんどない甘味をもったお茶となります。太陽の光を遮ると濃い甘みのお茶ができる 理由は、光合成が抑制されるから。

光合成とは、植物が空気中の二酸化炭素と根から吸い上げた水とで酸素と(エネルギー源となる)デンプンをつくることですが、そのために光のエネルギーを利用します。動物と違って移動して餌を手に入れることができない植物が生きるために身につけた術なのでしょうね. 

二酸化炭素と水からデンプンを作るということは、空気と水でお米をつくるようなもので、酸素を提供することとともにに画期的な働きなのですが、ささやかな副作用(のようなもの)もあります。それは、光合成をすると、甘味成分であるアミノ酸(のひとつで、リラックス効果を持つテアニン)が、渋味成分のカテキンに変わってしまうことです。この作用を最小限にするために覆いをして光合成を抑制するのです。

というわけで、甘味とともにほどよい渋みがアクセントとなっているやぶきたとちがって、渋味がほとんどなく、青みのあるたっぷりした濃い甘み、がゆたかみどりという品種の特徴です。ところで、世にお茶好きといわれるひとは、どちらかというと、お茶の渋味苦味を好む方がおおく、そういう方には物足りないかも知れない。

反対に、渋くて苦いお茶はどうも苦手だという方、ことに女性や子どもさんなどにはお奨めです。とりわけこの「まどか」は、みる芽摘みといって成長途中の若芽を摘んでいるので、ゆたかみどり本来のインパクトが幾分おとなしく、その結果、まあるいやわらかい味と香りに仕上がっています。冷茶にしてももちろんおいしいですよ。